さいたま新都心駅3分、あなたの「いざ」という時の身近な法律家
 
 

「行政書士って、何をする人?」

ビジネスウーマン 考える「行政書士」と聞いた時、ほとんどの方がこのように思われるのではないでしょうか?
どんなことをするのか、簡単に説明すると…。
 
行政書士は、まちの身近な法律家として、住民の皆様に密着し、日常生活における様々な面で、法律のこと、行政のことについてサポートさせて頂く専門家です。

 

「でも、法律や行政のことなんて、普段の生活の中ではあまり馴染みがないけど?」

このようなお話を、よく伺います。
しかし、果たして本当にそうでしょうか?
例えば…ある社会人の方の以下のような1日があったとします。

朝、電車に乗って、会社に出勤。お昼ご飯をコンビニで購入して食べた。
終業後、今日は給料日だったので給与明細をもらった!
 

でもこの年金やら税金やら、引かれてる額増えてない??
テンション下がって帰った後、ゴミ出すのを忘れていてさらにガッカリ…。

以上のことは全て、法律と行政に関わることです。具体的には、次のような感じです。

 

「電車に乗る」あなたと鉄道会社との「運送契約」に基づくものです。

「会社に出勤する」「給料をもらう」:あなたと会社の「雇用契約」に基づくものです。

「コンビニで買う」あなたとコンビニとの「売買契約」に基づくものです。

このように、普段何気なくしている行動についても、法律によって決まりが作られ、それに従って運用されているのです。そして、さらに・・・

 

「年金や税金が引かれた」「ゴミ出すのを忘れていた」:
年金や税金は、行政機関によって徴収されます。
ゴミを決まった日に回収してくれるのは、行政サービスによるものです。

 


法治国家では、法律を基に国家(行政)が運営されているので、そういう意味では、日常生活に関わる全てのことは、法律と行政が基になっているんです。
そしてこれらは、普段はあまり意識することがなくても、

「知っておかないと、いざという時に困ってしまう」ものです。

なぜならば、何か問題が起きた時、それを解決するためには、これらに基づかなければいけないからです。
その「いざ」の時に、皆様の力になるのが行政書士です。
 
いろんな困りごとを、専門知識を活かして確実に、円満に、迅速に解決する。
そういった「法律・行政サービス」を提供する仕事です。
 
行政書士ってどんな人か、何となくイメージして頂けたでしょうか!

 

 

浦山行政書士事務所 主な取扱い業務


人生を安心して生き抜くために

(成年後見、尊厳死宣言、遺言、相続サポート)

・判断力が弱ってしまった時に備えておきたい
・終末期医療のあり方を決めておきたい
・財産をどう分配するか決めておきたい
・相続のことについて知っておきたい、手続きが分からない etc…

 



 

円満な話し合いを手助けします
(各種契約書、協議書作成サポート)

・ご家族やご近所、お知り合いとのトラブルで困っている
・遺産分割のことで困っている
・離婚に向けての調整で困っている
・約束や話し合いの記録を残しておきたい etc…

 



 

その他、日常生活でお困りのことはありませんか?
(法律、行政に関する疑問・質問)

・契約や取り決めのことで疑問がある
・お役所から手紙が来たけど、何のことか分からない
・パソコンなどの機械がうまく動かない、使い方がよく分からない etc…

 %e3%81%94%e7%9b%b8%e8%ab%87%e3%83%bb%e3%81%94%e4%be%9d%e9%a0%bc%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c

 

ご相談は無料ですので、いつでもお気軽にご相談ください。

代表

  行政書士 浦山和也
  登録番号:第13132679号
  埼玉県行政書士会 大宮支部
  第003-542号

住所

  〒330-0843
  埼玉県さいたま市大宮区吉敷町
  4-262-6ニューセンチュリービル2F
  すばる新都心 内

最寄り駅

  JR線・さいたま新都心駅 徒歩3分

お問合せ

 048-638-0055

 

 
 

アクセスマップ

 
PAGETOP
Copyright © 浦山行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.